生理中のエステ脱毛はできないって本当?

脱毛に通っていて生理がくるのとても困りませんか?

よく生理中は「脱毛は避けるほうがいい」「生理がきて予約を変更した」という話を聞きます。

一応、生理中であってもVIO以外であれば施術ができる脱毛サロンもあるのですが、VIO以外でも施術NGという厳しい条件のお店もあるので契約する際はしっかり確認しましょう。

そんな女性につきものの生理!

今回は生理中の脱毛ができない理由の話をしていきたいと思います。

どうして生理中はエステ脱毛ができないの?

1番の理由は肌が敏感になっているからです。

いろいろ調べたことがある人は目にしたことがあると思いますが、生理中はホルモンバランスの状態が非常に不安定です。

そのため肌が敏感になっていて、普段より痛みが強く出たり、肌荒れを起こしやすく、肌トラブルやリスク回避のためにお断りしているサロンもあります。

生理前も生理中同様控えるのが◎

生理が始まる前からホルモンバランスは不安定になるため、生理の前からすでに肌が敏感な状態に傾いている場合も。普段からPMS(月経前症候群)などに悩まされていたり、生理前の体調が万全でなかったりする場合は、事前にサロンに相談してスケジュールの調整を行うことも検討しましょう!

その次に言われている理由はサロンの「衛生面」です。

生理2、3日目は経血の量が多く、施術中にベッドや脱毛器具に経血が付着する可能性があり、感染症が広がるリスクがあります。

確かに、生理中だけどワキならOKであったとしても、仰向けになって施術を受けるとなるとモレなどが心配な場合もありますよね。

お店のトイレを借りることも…。

美容サロンは衛生的で清潔感が非常に重要です。

「生理中でもVIO以外であれば施術OK」のサロンであっても、生理初日~3日目くらいの期間は避けるなどして、マナーを心得て気持ち良く通うようにしましょう。

 

生理を考慮したスケジュールを

万一のことがあるといけないので、自身の体のことを考えるのならVIO以外であっても生理予定日の前後3日くらいの期間は避けて予約をすることをオススメします。

脱毛の予約日に生理になってしまったらもし予約日に生理が当たりそうであれば、前日までにキャンセルの連絡を入れましょう。

当日キャンセルをした場合、キャンセル料がかかったり、サロンによっては1回分消化させられてしまう場合があるので要注意です。

できれば、予約をする際に、生理になりそうな日は避けて予約するようにしたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?生理でせっかく取れた予約をキャンセルしたくない気持ちもわかりますが、ホルモンバランスが不安定になる生理中は脱毛を控えた方がいいことをわかっていただけたと思います。

キレイになるための脱毛で肌トラブルが起こってしまうなんて悲しいですもんね。

女性の体はとてもデリケートです。

生理周期を把握して、ベストなタイミングで脱毛に通えるようにしましょう!

 

おすすめの記事