レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の仕組みと違い

脱毛サロンで行われる脱毛方法として、フラッシュ脱毛(光脱毛)はよく耳にしますよね。

少し前まではレーザー脱毛が主流でしたが、最近は医療脱毛で行われることが多くなりました。

一見、似ているように見えるレーザー脱毛とフラッシュ脱毛(光脱毛)ですが、仕組みが少し異なります。

どちらの脱毛方法にしようか迷っている人にとっては、その違いが気になるところですよね。

今回は、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛(光脱毛)の違いについて、まとめてみました。

レーザー脱毛、フラッシュ脱毛は光を照射する

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、特殊な光を照射して脱毛処理を行っています。

光が黒い色素に反応する特性を利用して、毛根にダメージを与えるのが目的です。

この2つの脱毛方法の違いは、脱毛するときの光の波長です。

レーザー脱毛の波長は単一の波長で強い光を当てることに対し、フラッシュ脱毛の波長は複数の波長を広範囲で照射するものです。

フラッシュ脱毛(光脱毛)

フラッシュ脱毛のしくみはIPL(インテンスパルスライト)などの器械を使い光を照射して、そのエネルギーで毛根のメラニンを刺激し脱毛を促すというものです。

サロンによって呼び名が違い「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」などと呼ばれます。

フラッシュ脱毛(光脱毛)は、レーザー脱毛に比べて出力が弱いため肌に優しく痛みが少ないということがあげられます。

ところで毛には「成長期」「退行期」「休止期」というサイクルがあり、それを毛周期と呼びます。

毛が生えてくる成長期に行うため、2~3か月に1回程度の間隔で施術する必要があります。

これを約1~2年繰り返し、施術が完了します。

レーザー脱毛に比べると、フラッシュ脱毛の光は弱いので、研修を終えたエステティシャンならば誰でも行うことができます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛はダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの医療用レーザーを用いた脱毛方法です。

フラッシュ脱毛が幅広い波長の光を使うのに対し、単一の波長のレーザーを用います。

フラッシュ脱毛よりも出力が高いため痛みを感じることがありますが、クリニックでは麻酔クリームを事前に塗ることで、さらに痛みを軽減させています。

レーザー脱毛を使うためには医療従事者でないと使うことができないため、サロンなどでは使えないこともあります。基本的には病院で施術をすることになります。

フラッシュ脱毛と違い、5.6回の施術で終わることがほとんどです。

フラッシュ脱毛も光脱毛も痛みを伴いますがメラニンが多い箇所に痛みを感じることがほとんどです。

まとめ

以上のように、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、脱毛のメカニズムはよく似ていますが、若干の違いがあるのがわかっていただけたと思います。

レーザー脱毛は比較的痛みを感じる人が多く、光脱毛は痛みが少ないことをうたっています。

痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みが苦手な人はフラッシュ脱毛を選ぶ方が良いかもしれません。

また、レーザー脱毛は一般的にフラッシュ脱毛よりも費用が高くつくことが多かったのですが、最近は医療脱毛で行われるレーザー脱毛でも安いコースが設定されているところが増えました。

効果という面からみると、レーザー脱毛の方が脱毛効果が高いといわれます。

それは脱毛後にまた毛が生えてくるのもレーザーの方が少ない、もしくは頻度が低いといわれているからです。

多少脱毛費用が高くても結果的にはお得になるケースがありますよ。

レーザー脱毛かフラッシュ脱毛か、決めかねている人は、両方のコースそれぞれにカウンセリングや無料体験を受けてみるというのもおすすめですよ!

おすすめの記事